教育が目的の教員の1人|人気の高い宅建の資格は独学でも取れる|自分のペースで勉強しよう

人気の高い宅建の資格は独学でも取れる|自分のペースで勉強しよう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

教育が目的の教員の1人

勉強

保育士との違い

幼稚園教諭とは、教育を目的とした教員の1人です。保護者に変わって子供を保育する役目の保育士が福祉の従事者なのに対し、幼稚園教諭は学校教育法に基づき教育を行う教員となります。その為、対象となる子供の年齢は、保育士が0歳から就学前なのに対し、幼稚園教諭は3歳〜就学前までの子供になります。幼稚園での教育は、遊びや運動の中から、健康、人間関係、言葉、表現、集団行動を学ばせます。また幼稚園教諭は児童の音楽や運動、遊びに寄り添いながら子供の個性や感性を伸ばすなど、子供の可能性を引き出す重要な役目をします。また、幼稚園教諭は子供を預かる立場から、保護者とのコミュニケーションが大切になる仕事です。保護者の立場を理解して、子供の成長はもちろん、ちょっとした出来事でも連絡をとるなど保護者との人間関係も重要になる仕事です。

国家資格が必要

幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状が必要になります。幼稚園教諭の資格は国家資格であり、幼稚園教諭養成課程のある指定の大学院、大学、短期大学を卒業する必要があります。免許には専修、一種、二種と言われる普通免許状があります。専修は大学院を卒業する必要があり、一種は4年制大学、二種は短期大学や専門学校で2年以上の課程を修了する必要があります。免許状を取得した後は、幼稚園の採用試験を受ける事となります。公立の場合は各市町村の採用試験を受け、私立であればそれぞれの幼稚園の採用試験を受ける事になります。幼稚園教諭になる方に求められるのは、まず「子ども好き」であること、また教育者としての責任感と使命感です。また相手が児童である為に、体力がある事も求められます。